ITの初歩

ITを学ぶぞ!」と思った時に、ITの範囲が広過ぎて何から学べば良いのか分からなくなります。

断片的に色々なIT技術を学習していくことで、ちょっとずつ全体像が分かってきますが、不意に基礎的なことが分からなくなっている自分がいたりします…

やはり、何を学ぶにしても、基礎はしっかりと覚えておく必要があると思います。

そこで、ITの初歩的な技術をまとめていきたいと思います!

 

バスのシリアル(直列)とパラレル(並列)を比較してみよう!

コンピュータの機器の間でデータをやり取りするための伝送路のことを「バス」と呼びます。 内部バスと外部バスに分けることができますが、そこに関しては以下の記事で書いてます。 今回はバスでデータを転送する方式にシリアル(直列) […]

コメントなし

キャッシュメモリのヒット率と実効アクセス時間の関係とは?

CPUはコンピュータの動作に必要なデータやプログラムを主記憶装置(DRAMなどのメモリ)との間で常時やり取りしています。しかし、CPUの動作に比べるととてもメモリは遅いので、CPUがメモリからデータを読み込んだり、書き込 […]

コメントなし

CPUの命令実行の流れを理解しよう!(プログラムカウンタ、レジスタ、ALUなど)

コンピュータは一般的にメモリなどの主記憶装置にプログラムをロードして、CPUがプログラムの内容(命令)に従って処理を進めていきます。 CPUが処理をするといっても単純な流れでは無く、主記憶装置の命令を一つずつ取り出して、 […]

コメントなし

論理演算と論理回路、集合の関係を調べよう!

コンピュータの計算や処理は「算術演算」と「論理演算」によって実行されています。 算術演算は、「ビットを使っての足し算や引き算を行う 」処理のことで、算数的なイメージですね。 一方、論理演算は、「ある事柄が真か偽か」を判断 […]

コメントなし

コンピュータの誤差の種類を調べよう!

コンピュータは2進数で計算していますが、扱える2進数は無限では無い(有限)ため、2進数を何桁まで使うかはコンピュータの性能などによりあらかじめ決められています。つまり、桁数が多い数字などは現実の値をコンピュータ上では正確 […]

コメントなし

DBのシェアードナッシングとシェアードエブリシングの違いを調べよう!

データベースにおいて、シェアードナッシングという言葉を聞くと「共有しない」ことかなと思いますが、実はその通りです。 反対にシェアードエブリシングは「共有する」ということになります。 それだけのことですが、データベースにお […]

コメントなし

DBMS複数利用時の問題とトランザクションの分離を学ぼう!(ダーティーリード、ファントムリード、READ COMMITTEDなど)

データベースにおいてはデータを正確に保つためにトランザクションを使うことでデータの原子性(処理を全て完了するか全て戻すか)を保っています。 つまり、データが中途半端な状態にならないように、「コミット」や「ロールバック」と […]

コメントなし

ユニーク索引と非ユニーク索引、クラスタ索引と非クラスタ索引を違いを理解しよう!(インデックスのお話)

データベースにおいて検索に掛かる時間(性能)は非常に重要なポイントですよね。データベースのデータ量が多くなればなるほど、必要なデータを探し当てるためには時間が掛かってしまいます… そのための対策として索引(イ […]

コメントなし

ロールバックとロールフォワードの違いを学ぼう!

突然ですが、みなさんはデータベースのデータが消えるなんて考えながら生活していますでしょうか? メールやSNS、アプリのデータなど、日々新しいものが登録され、更新されていることが当たり前の生活の中で突然データが消えることな […]

コメントなし

ストアドプロシージャとトリガを学ぼう!

「ストアドプロシージャ」って言葉はシステム関係、特にデータベースに携わっている多くの方は何となく聞いたことがあると思います。 「stored」って単語があるので、何かを貯め込むんだろうなー、って感じになると思いますが、今 […]

コメントなし
タイトルとURLをコピーしました