【システムの基礎】第1回 サーバを学ぼう!

システムと言えば「サーバ」って何となく頭に思い浮かぶくらい当たり前なハードウェアですね。

  • ネットワークで繋がったコンピュータ上で他のコンピュータにファイルやデータ等の何らかのサービス(処理)提供するコンピュータ、またそのソフトウェアのこと
  • サーバーからファイルやデータなどを受け取る側を「クライアント」と呼ぶ

高いスペックで高価なイメージがありますが、実はサーバとは「サービスを提供する技術のことであり、スペックが高いものがサーバーとは限らない」のです。

つまりPCでもサーバーには成り得る!ということです。開発環境なんかでPCにサーバOSを入れたりもしますよね。

筐体の形状

  • ラックマウント型 : 19インチラックに設置する薄いタイプ
  • タワー型 : 床置きするタイプ
  • ブレード型 : シャーシに薄いサーバを複数差し込む携帯

システムを使うにはこのサーバにOS、ミドルウェア、アプリケーションを組み込んでいくため、何でも入る箱のようなものですね。

サーバを構成している技術

サーバの技術は一度は聞いたことがある言葉と思いますが、技術一つ一つに歴史があるので、深く学びたいところですね。

CPUの実行サイクルと速度の関係とは?(パイプライン処理やスーパースカラの仕組み)
コンピューターって何?と考えた時にCPUという言葉が浮かびますが、CPUの動作って意外と知らないことが多いですね。そもそも半導体のレベルで「0と1」が表現され、それを組み合わせて高速で演算をしているが、目に見えないので、捉えるのが難しい...

※サーバを取り巻く技術を資料にまとめてみましたので、こちらも参考にしてみてください。

system-kiso-server
タイトルとURLをコピーしました