ネットワークスペシャリスト試験

このページはIPA情報処理技術者試験の「ネットワークスペシャリスト試験」合格に向けて学習していく情報をまとめてます!

受験される方は一緒に頑張りましょう!

ネットワークスペシャリスト試験とは?

(Network Specialist Examination:略してNW

IPAのホームページには「ネットワーク社会を担う花形エンジニア」とあり、「ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に最適です」と記載されてます。「花形エンジニア」ってカッコ良いですね!

高度情報処理技術者試験の一つで、情報処理技術者試験制度のスキルレベルはレベル4です。

ネットワークスペシャリストは目的に適合したネットワークシステムを構築・維持 する人のことですが、本試験に合格することでネットワークスキルを証明できますね。ネットワークの知識や設定だけでなく、設計や構築、管理能力も試されるので、幅広い能力が必要となるようですね。

本試験は毎年秋期だけに実施される試験なので年1回のチャンスしかありません!

難易度は?

難易度は平成30年度実績で「応募者数 18,922名で合格率が15.4%」となっております。高度情報処理技術者試験の中でみるとプロジェクトマネージャ試験と同じくらいの応募者数で、多い方ですね。応用情報技術者試験に合格して、スキルを磨きたい方が次に目指す試験のイメージが強いみたいですね。

実際の受験者数は平成30年度実績で12,322名で、その中で合格者数が1,893名ですね。応募者全体からですと、10.0%ですので、10人に1人ぐらいが合格する計算になります。

高度情報処理技術者試験のスキルレベル4だけあって難易度は高いと思いますので、本試験もスケジュールを立ててしっかりと学習していくことが大事だと思います。

受験の形式は?

試験時間・出題形式・出題数(解答数)は以下の表の通りです。

 午前Ⅰ午前Ⅱ午後Ⅰ午後Ⅱ
試験時間9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式多肢選択式(四肢択一)多肢選択式(四肢択一)記述式記述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:3問
解答数:2問
出題数:2問
解答数:1問

午後Ⅰ、午後Ⅱ合わせると3時間30分の長丁場ですが、問題文を読んでいるだけでも数十分平気で掛かってしまいます。

高度情報処理技術者試験は過去2年前に応用情報技術者や他の高度情報処理試験に受かっていると午前Ⅰの免除ができるので、是非活用しましょう。免除の条件はコチラ

配点

午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱすべて100点満点で基準点(合格点)は60点となります。

ネットワークスペシャリスト試験配点

やはり午後Ⅰ、午後Ⅱが鬼門ですね。

午前Ⅰ

多肢選択式(四肢択一)形式で、基本情報技術者や応用情報技術者試験で慣れている方も多いと思います。恐らく皆さま過去問を解いていると思いますので、先ずはここを確実に取りましょう!

出題範囲は基本情報技術者試験や応用情報技術者試験と同じです。

体力的にも精神的にも、できれば午前Ⅰは免除にしておきたいですね!

午前Ⅱ

午前Ⅰ同様、ここも確実に取りましょう!

出題範囲は以下の通りです。全ての系統から出題され幅広い範囲を抑えておく必要があります。

テクノロジ系

コンピュータ構成要素、システム構成要素、ネットワーク、セキュリティ、システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

マネジメント系、ストラテジ系からは出題されませんね。

午後Ⅰ

記述式の問題になります。3問中2問を解く形ですが、テンポよく解いていく必要がありますね。

午後Ⅱ

午後Ⅰ同様の記述式の問題になります。2時間で1問という恐ろしく長い道のりです。二つの問題のどちらを選ぶかも重要ですね!

午後Ⅰと午後Ⅱの主題範囲は以下の通りです。

  1. ネットワークシステムの企画・要件定義・開発に関すること
  2. ネットワークシステムの運用・保守に関すること
  3. ネットワーク技術・関連法規・標準に関すること
  4. ネットワークサービス活用に関すること
  5. ネットワーク・アプリケーション技術に関すること

ネットワークの企画から設計、構築、テスト、保守、運用、技術など全般の知識が必要ですね。また、DNSやWebサーバなどのネットワーク以外のシステム知識も必要になってきますね。

皆さん合格に向けて頑張っていきましょう!

 

 

ネットワークスペシャリスト試験に合格するための道のりと3つのポイント!

令和元年度秋期のネットワークスペシャリスト試験(NW試験)に初チャレンジで無事合格することができました! 結果は次の通りです。 何とも微妙な点数ですね…(汗) とはいえ、初チャレンジで合格できたので、それは良 […]

コメントなし

ARPANET(アーパネット)とALOHANET(アロハネット)はどう違うの?

インターネットの歴史は人類の歴史から見れば短く、登場してから瞬く間に普及した凄い技術です。 その短い歴史の中でインターネットの先駆けとなったネットワークとして、「ARPANET(アーパネット)」と「ALOHANET(アロ […]

コメントなし

令和元年度秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW試験)を振り返る(感想)

2019年10月20日(日)、ネットワークスペシャリスト試験(NW)を初受験してきました。 前回のプロジェクトマネージャ試験(PM)から半年後のIPA試験に挑戦となります。 今回も午前Ⅰは免除だったので、午前Ⅱから受験し […]

コメントなし

キャリアグレードNAT?NAT444との関係は?

インターネットの世界で必要なグローバルIPアドレスですが、約43億個あるそうです。途方も無い数字に思えますが、実は不足しています。 グローバルIPアドレスが不足していることを「IPアドレス枯渇」 と言いますが、この枯渇問 […]

コメントなし

VXLANの仕組みを調べてみよう!

突然ですが、VXLANって何か恰好良い響きの言葉ですよね。ネットワークを学習しているとVLANって言葉はよく出てきますが、VLANの更に上をいく技術がVXLANとなります。 今回はVXLANの仕組みに関して調べてみました […]

コメントなし

IPsecの仕組みとSA、AH、ESP、IKEの関係を理解してみよう!

セキュリティやネットワークを学習しているといつかは遭遇する「IPsec」という言葉、暗号化やVPNのための仕組みであることは分かるのですが、一度覚えたつもりでも、すぐ分からなくなってしまいます。 そして、実際IPsecが […]

コメントなし

IEEE802.11(無線LAN)の種類と仕様の違いは?

PCやスマホで無線LANのアクセスポイントに繋ぐときや無線LANルータを購入する時に「IEEE802.11n」や「IEEE802.11ac」なんて言葉が出てきます。何となく、「規格なんだろうなー」って感じはします。でも、 […]

コメントなし

DNSの資源レコードとDNSラウンドロビンの関係を学ぼう!

DNS(Domain Name Server)はコンピュータのホスト名とIPアドレスを紐付けてくれるネットワークには欠かせない仕組みですね。PCやスマホからインターネットのWebサーバにアクセスする時にURLからWebサ […]

コメントなし

ディジタル署名とサーバ証明書と公開鍵の関係を調べよう!

インターネット上のセキュアな通信と言えば「SSL」や「TLS」が挙げられると思います。「https」を実現している仕組みとしてもSSLやTLSが使われています。 SSLやTLSで出てくる重要な言葉として、「ディジタル署名 […]

コメントなし

ルーティングプロトコルの仕組みを学ぼう!(RIPやOSPFなど)

ネットワークを語るのに欠かせないパケットの行き先を決めるルーティングですが、結構プロトコルの種類があるので、今回はルーティングプロトコルの種類を調べてみました! ルーティングとは? 先ずはルーティングって何?ってことから […]

コメントなし
タイトルとURLをコピーしました