CEO、CIO、CTOの違いは?

基本情報技術者

CEO,CIO、CTOって似ている言葉ですが、良く聞く言葉はCEOですかね。

オフィサー制度なんて言葉で括らている最高責任者としての役職ですが、今回はこの違いを調べてみました。

 

CEOとは?

Chief Exective Officerの略で、最高経営責任者のことですね。

企業の所有者である株主の信認により、経営の最高責任者として決定権を委任された存在で、企業策略の策定や経営方針の決定など、企業経営における意思決定の責任を負います。統括業務執行役員と訳されることもありますね。

 

CIOとは?

Chief Information Officerの略で、最高情報責任者のことですね。

情報システム戦略を統括する最高責任者なので、経営戦略に基づいた情報システム戦略の策定と、その実現に関する責任を負います。

日本ではまだ今ひとつ認知度は低いと思いますが、IT技術の必要性が高まるにつれて、存在感を増してきている役職ですね。

因みに企業において投資に関する意思決定を行う最高責任者もCIO(最高投資責任者)と呼ぶみたいですね。

 

CTOとは?

Chief Technical Officerの略で、最高技術責任者のことですね。

自社の技術戦略や研究開発方針を立案、実施する責任を負います。

自社サービスの最高イノベーション技術責任者として、ビジネス戦略に伴う技術策定、投資などの意思決定、システム構築や運用など、高い技術力を伴っている役職ですね。

 

まとめ

今回はCEO、CIO、CTOの違いを学んでみました。

一番偉い人はやはりCEOなんですね。

元々は米国型企業における役職として付けられている名称ですが、CEOは日本の企業においても馴染みある言葉となってきましたね。

Chiefで始まる「最高~」は他にもCFO(最高財務責任者)やCMO(最高顧客市場分析調査責任者)、CPO(個人情報保護最高責任者)など色々あるようなので、ご興味があったら調べてみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました