CASEツールを便利に使おう!

プロジェクトマネージャ

システム開発においてCASEは重要な役割を担っておりますが、なんか捉えどころの無い感じがしますので、今回はCASEとCASEツールに関して調べてみました。

 

CASEとは?

Computer Aided Software Engineeringの略で、「ケース」と呼んだり、そのまま「シーエーエスイー」と呼んだりします。
直訳すると「コンピューター支援ソフトウェア工学」の意味となり、システム開発を支援するため、設計や開発、改修などの工程でソフトウェアを利用することを指します。
コンピュータでシステム開発を支援することによって、開発を自動化していくことを目指してます。

システム開発においてCASEを取り入れることで、例えば、業務分析や要求定義、基本設計といったシステム開発の各工程の作業効率を高めたり、システムの設計品質を向上させたりできます。
これらのシステムを開発するソフトウェアのことを「CASEツール」と呼びます。

 

CASEツールには何があるのか?

CASEツールには、システム開発における設計を可視化するUML作成ソフトや、ドキュメントやプログラムの一部を自動化するプログラムソース生成ツールなどがあります。

システム開発における、どの段階を支援するかによってCASEツールは次のよに分類されてます。

上流CASEツール

システムの分析や設計などをソフトウェア開発の初期段階を支援するためのツールです。
DFD(データフローダイアログ)やER図(エンティティリレーションシップ)を作るための支援ツールなどがこれらに当てはまります。

下流CASEツール

プログラムの自動作成や評価、テスト支援ツールなど下流工程で利用するためのツールです。

保守CASEツール

保守を支援するためのツールです。「リバースエンジニアリング」などのリエンジニアリング機能はこれにあたります。

統合CASEツール

すべての開発プロセスに対応するツールのことです。

 

まとめ

今回はシステム開発を効率的且つ高い品質で行うための支援ツールであるCASEツールに関して学習してみました。
現在のシステム開発においては当たり前のように利用しているCASEツールですが、これらのツールが無い時代の開発は今よりも大変だったことが分かりますね(汗)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました