リーンソフトウェア開発とは?

プロジェクトマネージャ

開発手法としてアジャイル開発というものがありますが、アジャイル開発は開発のサイクルを短くし、短時間でどんどんソフトウェアを成長させながら開発しえちく手法です。

このアジャイルソフトウェア開発の一つとして「リーンソフトウェア開発」というものがあります。「リーン」って何?って思いますが、今回はこのリーンソフトウェア開発に関して調べてみました!

 

リーンソフトウェア開発とは?

リーンって英語で書くと「lean」となりますが、この意味は「傾き、脂肪分の無い」などです。リーンソフトウェア開発の場合は「脂肪分のない=痩せた」という解釈になります。

リーンソフトウェア開発とは、トヨタ生産方式が生んだ「7つのムダ」の基本理念を発展させて、ソフトウェア開発に適用した手法です。

ソフトウェア開発に潜む ムラ(ばらつき)・ムリ(不合理・過負荷)・ムダ(付加価値のない作業) を排除することを中核に据え、生産効率と品質の最適化を追求することを目的としているようです。

リーンソフトウェア開発を支える「7つの原則」は次の通りとなります。

  1. ムダをなくす
  2. 品質を作り込む
  3. 知識を作り出す
  4. 決定を遅らせる
  5. 速く提供する
  6. 人を尊重する
  7. 全体を最適化する

更にこれらを実現するための「22の思考ツール」が挙げられています。詳しくはこちらのサイト(CodeLab)をご参照ください。

 

まとめ

今回はリーンソフトウェア開発に関して学習してみました。この開発方式によって、「ムラ、ムリ、ムダ」を排除して、生産効率や品質を上げられるのですね。

7つの方式は非常に参考になりますが、実際の開発現場では全ての方式を守りながら開発できないものですね…

また、トヨタ方式といえば「かんばん方式」という言葉も有名ですね。これに関しては下記に参考URLもご参考にしてみてください!

 

参考URL)

・リーンソフトウェア開発(ITmedia)

・「リーン開発」と「アジャイル開発」はどう違う?製品開発の不確実性を乗り越えるプロセスを知っておこう(データの時間)

・ソフト開発に「かんばん方式」を導入すべき理由とスクラムとの違い(WPJ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました